2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年7月23日 (日)

公益資本主義

 金が金を生む米英主導の金融資本主義が世界標準になり、日本型経営は時代遅れになって久しい。しかし、多くが潤うどころか中間層の所得が下がり、貧富拡大が進む事態に疑念を持ってきた。事業部門の一部や関係会社を売却し、リストラで従業員を減らし、年収を引き下げ、非正規や派遣社員を増やす一方で、1~10億を超える年収を得るCEOが増え、役員はストックオプションで有利な条件で持ち株を増やし、それを売却して大金を得る。サラリーマン上がりの役員でも多くの株を持てる旨いシステムである。TVで毎日日経平均を流し、株価上昇が経済指標としてすり込まれ、株も持たない庶民すら一喜一憂する。

 レーガン時代に米国を立て直す手法として金融工学とか、金融で金儲けするシステムが構築され、世界標準として各国に押し付け、国境を越えて自由に動き回る膨大な金が、経済規模の小さい国に経済危機をもたらした。会社は株主の所有物とする現在の資本主義は金持ちだけを更に金持ちにするシステムであったと分かってきた。

 先日の東京新聞に原丈人(はら じょうじ)氏の提唱する「公益資本主義」の紹介があったので、なるほどと思い、「公益」資本主義 英米型資本主義の終焉 (文春新書)を取り寄せ、読んでみた。同氏は非常にユニークな経歴の持ち主である。考古学を志し、資金調達手段として米国で光ファイバーを使ったディスプレーを開発、ディズニーに採用されて成功した。目的を達成するに必要な知識を得るため、スタンフォード大学の経営学大学院や工学部大学院まで終了している。成功を契機にベンチャーキャピタルリストとして多くのベンチャーを育てた実績がある。しかし、ベンチャー自体が投機対象になってしまった米国の株主資本主義の問題に気付き、代わるものとして公益資本主義を考えた。会社は「社会の公器」であるとして、公益には経営者、従業員、仕入先、顧客、株主、地域社会、環境、地球全体を含み、会社が得た利益を不公平なく分配し、会社は一定の内部保留を必要とする。読んでみて納得し、共感した。
 
 株主資本主義や金融資本主義では経営者は株主から短期で株価上昇と配当を求められ、四半期決算の義務化が助長し、中長期的経営より、短期の利益を追求する。自社株購入してROE(Return On Equity、自己資本利益率=当期利益/純資産)を増し、内部保留を吐き出し、営業利益の大半を投資家が手にする。株式配当と自社株買いの計が当期総利益を上回るタイム・ワーナー、ヒューレット・パッカード、ファイザー、プロクター&ギャンブル、マイクロソフト、IBMなど米有名企業が並ぶそうだ。
 現状ではナスダックに株式を上場しても、市場から調達できる資金よりも、市場に吸い取られる会社の資金や内部留保の額が上回っており「株式市場はもはや資金調達の場ではない」と指摘している。東京証券取引所の全取引の7割が外国投資家によるもので、そのかなりの部分がコンピュータや人工知能を使う超高速取引によるとみられ、短期間しか保有しない株主が結果的に会社を支配する。
 
 日本を代表する企業の東芝が、粉飾決算を繰り返し、白物家電、医療機器事業を売却、とてつもない高額で買収したウエスチング・ハウスの大赤字で倒産寸前に陥っているが、20年位前から後のトップは投資家と株価しか見ず、表面を繕い続け破たんに繋がった。株主資本主義信奉の代償であろう。
 出光興産の現経営陣は昭和シェル石油と合併しようとしたが、創業家が反対して進まなかった。新株発行計画にも創業家が差し止めを申し立てた。東京地裁で争われ、7月19日に増資が認められる判決が下された。石油需要が低下するのに増資の必要性は疑問であり、創業家の持ち株比率を下げ合併を実現させる意図は明白に見える。裁判官は原発裁判同様、今後の結果に責任は負わない。  出光興産には労組もなく家族的経営を旨とした日本型企業と言われた。ロイヤル・ダッチ/シェルグループに属する昭和シェル石油は六つの労組もあり、全く異なる企業文化と見受ける。異質企業文化の合併がどうなるか見ものである。恐らく合併後、巨大国際企業で株主資本主義のロイヤル・ダッチ/シェルグループに取り込まれ、出光興産は解体されてしまう気がする。

 さて、原氏は米国共和党のビジネスアドバイザーや日本でも2013年に安倍政権下における経済財政諮問会議のメンバーで、安倍首相にも公益資本主義を提言し、賛同をうけたように書いてある。しかし、株主資本主義に何らかの修正が加えられたのだろうか。かかる大改革は経済財政官僚が全体系を構築し、しっかりした哲学や理念もつ大臣や国会議員がそれらを共有し、一歩一歩法改正せねば進まないだろう。大臣になるだけが目標の閣僚の資質では、残念ながら原氏の提言は葬り去られるだけだ。新しい政治勢力が旗印にして政権を取ればよいが、幹部の質や能力が低ければ民主党の二の舞になる。

 原氏の提言は日本再生の指針になると思う、ぜひ実現して欲しい。

2017年6月29日 (木)

「おなら」と水素水

 自身の体のことだが腹部の圧迫感や僅かな違和感が続き、医者に診て頂くと胃から腸までガスが溜まっているとして漢方薬を処方して頂いている。それで症状が緩和されているかも知れぬが、気になってならなず、排便も不規則で大便より先にガスが出る。

 腸内のガスや屁について興味半分で調べてみたた。それらを整理すると
①食事の内容などで個人差も大きく、口から取り込んだ空気が70~90%を占める。胃に入った空気は“げっぷ”として排出され、残りは小腸へと送られる。
②炭酸ガス(二酸化炭素)は十二指腸では胃酸と膵液中の重炭酸が反応して生成するが、腸管壁から吸収されてしまうため、小腸へ流入するガスは少ない。
③小腸下部から大腸へと到達した食物は大腸に存在する腸内細菌によって発酵され、水素、二酸化炭素、一酸化炭素、硫化水素、メタンなどのガスができる。腸内細菌は糖質1gからガス200~250mlを産生し約50mlが水素、残りが炭酸ガスである。
④成人では1日 0.5~2.0ℓのガスが、一回 50-500ml、15~20 回にわたって排出される。
⑤ガス成分は窒素60~70%(空気由来)、水素10~20%、二酸化炭素約10%、メタン7%程度、酸素3%程度で他はアンモニア、硫化水素、スカトール、インドール、脂肪酸、揮発性のアミンなど約400種の物質が含まれている。(1)
 (屁を燃やす映像がYouTubeなどで視れる。水素は空気中に4%以上、メタンは5%以上あれば燃焼するから道理である。)

 炭酸ガスは溶解度が大きくPHによって重炭酸イオン(HCO3⁻)になり溶解形態から、体内での移動は水素以上に複雑だろうと予想できる。
 空気がそのまま屁になるなら酸素は12~14%含まれるはずだが大きく減少している。メカニズムを書いたものは見つけれなかったが、腸の毛細管内を流れる血液中のヘモクロビンが吸収するか、腸内物の酸化に使われるかもしれない。一方、水素やメタンは嫌気性(酸素の無い状態)細菌によって産生される。屁の可燃性はメタンと思い込んでいたが水素が多いとは知らなかった。

 ここで体内で水素が作られているのに「水素水」を飲むのか疑問が沸いた。
 前にも書いたが水素を1ppm含む水を一日1ℓ飲んだとして摂取量はたったの1㎎である。腸内ガスの水素濃度が10%とし0.5ℓに含まれる水素は概算で4.5㎎になる。(2) 
 水素は酸素のような体内で積極的な移動メカニズム(能動輸送)は無いだろうから、腸内ガス中の水素は、濃度勾配と相平衡(ヘンリーの法則)により体液を通しての移動現象だろう。その結果、体内に保持できず肺や皮膚を通して排出される。
 一般健常者の呼気水素ガス濃度の平均20.2ppm(標準偏差21.1ppm)の報告(3)があるように、水素は常時排出されている。水素信奉者が言うように体内の過酸化物と反応し、消費される分もあるだろうが、体内全体では水素が過剰だから排出される。産生量は論文によって(または個人差によって)大きく変わり、150ml〜12ℓ(多分1日当り)(5)、あるいは0.06~29ml/分、平均0.24ml/分(346ml/日)(6)に及ぶとされている。150mlは13.4㎎ である。水素を摂取しても10~15分でピークに達し(7)、その後急速に減少し平常値に戻るから、摂取し続けぬ限り一過性である。それに比べ体内では細菌で産生され続けるので持続性があるだろう。高濃度の水素水を毎日2~3ℓ飲んだり、水素ガスを吸飲した所で腸内発生水素量には及ばない。水素水の文献で感ずるのは体内での水素のフロー(物質移動)とマスバランス(物質収支)があいまいな事だ。化学工学的な視方が必要と思う。

 水素摂取の効果がラットなど動物実験で行われ有効だと発表されているが、ラットも体内で人と同レベルの水素を産生しているのだろうか?
 水素の作用の極初期の論文に薬剤性肝炎を誘導したマウスを作成し、抗菌薬で腸内細菌を死滅させると、肝炎は急激に悪化した。逆に、死滅させなかった側は肝炎の改善をみた。(5)と紹介があるので腸内で水素を産生していると思われるが、人と対比した量的な検証が求められよう。水素がラットを使い万病に効くかの報告が多数存在する(12)が、摂取した水素と体内産生水素が異なる機能があるとは考えにくい。私は医学者でも生理学者でもないから的外れかも知れぬが、体内での水素のマスバランスを知りたい。
 あえて、高価な水素水や機器を購入して飲む必要性を益々感じなくなった。

(記述に誤りがあり6/30に訂正しました)

  
 参考
(1)健康プラザ(平成21年4月号) "お腹がはる―腸内ガス" 

(2)腸内ガス中水素量概算:(0.5x0.1/22.4)x2x1000=4.46㎎
(3)産総研 研究成果:
呼気で肺がんのスクリーニング
(4)
(株)呼気生化学栄養代謝研究所
(5)辻クリニック:腸内細菌が発生する水素ガスについての考察(原報不詳)
(6)辻クリニック:
人間の腸から発生する水素ガスについて (2014/1/17)(原報不詳)
(7)A.Shimouchi et al:
水素水飲水と吸収速度
(8)静岡大学農学部 食品栄養化学研究室 西村直道教授
(9)奥恒行:難消化吸収性糖質の生理機能と生体利用に関する研究
(10)国民生活センター:
容器入り及び生成器で作る、飲む「水素水」-
(11)国民生活センター:報告書本文
(12)水素研究News
 

2017年6月28日 (水)

AI・人工知能 (2)

 床屋さんには短時間で安価のカット専門チェーン店に私はお世話になっている。カットして貰いながら、もしカット専用のAIロボットが開発されたなら理容師さん達はどうなるだろうと考えたりする。理容師によってお好みの形にカットした頭の形状と位置による毛髪の長さを記憶させ、次回からは多少の変更はものともせず、全てロボットが5分も掛からずにカットする。静電気で毛髪を全て立ち上がらせ、カメラとセンサーで位置を測定しながら、レーザー光か、カッターで毛髪を切るロボットは今の技術でもできそうな気がする。ロボットの価格次第だが、出来ればここで働く理容師さんは技能の優れた一人だけで良くなり、多数は失業するだろう。

 30年近く前だが現役時代、工場にCIMを導入し、受注に連動した生産計画と工程管理、資材や出荷など行わせ、間接人員も削減できた経験がある。当時はコンピュータと各部署にある異メーカのパソコンンと繋ぐことすら容易でなかった。今では当たり前だろうが、更にAIの導入で工程のあらゆるデータの集積、分析、最適化などでロスを削減、品質、信頼性向上、あるいは原価管理など更なる人員削減や経営の高度化に役立つはずだ。それらに対応できる高度の技能を有する者は必要だが、事務しか出来ぬ者は要らなくなる。このような分野は企業の命運にかかわり放っておいても進むだろう。

 最近、日本の政治家や官僚は都合の悪いことは「記憶にない」を頻発する。そんなに記憶力の乏しい者に政治や行政を任せて良い筈はない。キャリア官僚は難関の国家公務員試験を上位でパスした記憶力抜群の人達なのにだ。
 議会や行政に関わる全ての議事の録音や文書の全てをビッグデータシステムに保存させ、保存しなかったり、消去したりすれば罰を受ける制度にして、予算を伴う場合は支出できぬ仕組みにすべきだ。国会でカケやモリ蕎麦騒動に多大の時間を費やさなくても良くなるだろう。
 残念ながら、三権分立が三権一立化する時代、プライバシーや秘密保護などでブラックボックス化し、国民に隠す政権では実現不能だが。カケやモリ蕎麦騒動以上の大きな問題が何処かで進んでいるかも知れぬ。

 共謀罪では法務大臣ですら真面に答弁できず、その都度説明が変り曖昧な法が成立してしまった。後に如何様にも解釈できれば、警察組織は都合よく利用し、裁判でも政権におもねる判決も多くなり、裁判の長期化によるロスも拡大する。
 立法に当たってAIを活用したシステムを構築して、事前に関連法令との整合性や抜け道や恣意的解釈など欠陥を摘出できれば、時間制限付きの国会や委員会質疑で審議されつくせぬ点も少なくなり、国会の立法能力を高めれるはずだ。

 最近コピペ判決文なるものが出回っているそうだが、憲法以下の全ての法令、制定時の審議、判決文など全てをデータベースにして、AIによって裁判や弁護に使えば、10年を超える長期裁判や誤判、あるいは恣意的判決はできなくなり、如何様にも解釈できる法の欠陥も炙り出されるだろう。裁判官や弁護士も少人数で足りるかもしれない。
 わが国でAIが最も必要なのは立法と行政、司法など三権に関わるものであろう。


CIM:Computer Integrated Manufacturing / コンピュータ統合生産、現在はパッケージ化された各種の総合生産管理システムがある。

2017年6月24日 (土)

AI・人工知能 (1)

 世界最強の中国の囲碁棋士柯潔九段と米Google傘下DeepMindの囲碁AI「AlphaGo」の3番勝負で「AlphaGo」が全勝して囲碁AIが人の能力を超えたと話題になった。私も多少碁の経験があり20年ほど前の囲碁ソフトはアマの低段者でも勝てる代物だった。その後の進歩は目覚ましく、日本のDeepZenGoも最近、3人のトップ棋士が合議するチームとの対局で勝利している

 将棋では4~5年前パソコンソフトのPONANZAに私など全く歯が立たず、相手の飛、角、桂、香まで落しても苦戦する有様だった。今では飛躍的に強くなってプロを凌ぐソフトになっている。囲碁や将棋のような知的ゲームで人はAIに勝てぬ時代になってしまったのだ。囲碁や将棋はゲームとしては存続するだろうが、職業としてプロの棋士が存続し続けられるか心配になる。

 AI(Artificial Intelligence)はコンピュータの計算速度と記憶(メモリー)容量、小型化と集積化などハード面とディープラーニングとか取入れたプログラムの飛躍的発展の結果だろうが、我々の身近にもペットのような玩具的なものから、車両の自動運転など実用的なものへと応用が広がり、次なる産業革命の主役になる気がする。自動車の出現で馬方が居なくなったように、ロボットとAIに任せた方が良い仕事から置き換えられ、無くなる職業がある筈だ。

 AIを研究している東大大学院技術経営戦略学専攻の松尾豊准教授はオックスフォード大学の論文で示された「あと10~20年でなくなる職業」の一部を紹介している。以下に業種ごとに分類し直し、引用した。

全般      :コンピュータを使ったデータの収集・加工・分析、データ入力作業員
法曹      :パラリーガル、弁護士助手
金融      :窓口係、新規口座開設担当者、融資担当者(住宅・教育・自動車ローンなど)
証券      :一般事務員
保険      :保険業者、保険金請求・保険契約代行者、自動車保険鑑定人
不動産    :登記の審査・調査
税務・会計 :給与・福利厚生担当者、税務申告代行者
土木・建築 :測量技術者、地図作製技術者、建設機器のオペレーター、造園・用地管理の作業員
農畜水産業:殺虫剤の混合、散布の技術者、動物のブリーダー
商業      :電話販売員(テレマーケター)、レジ係、訪問販売員、露店商人、
              苦情の処理・調査担当者、手縫いの仕立て屋
物流      :荷物の発送・受け取り係、貨物取扱人、         
飲食   :レストランの案内係
医療・健康 :メガネ、コンタクトレンズの技術者
サービス  :娯楽施設の案内係、チケットもぎり係
スポーツ  :審判員
公共      :図書館司書の補助員

 仕事が無くならないにしても、質的に大きく変化しそうな職種も多かろう。若者が将来の職業を選ぶとき熟慮せねばならぬ、大変難しい時代に向かっているのは間違いない。

 

 

参考:
(1)松尾豊:
10年後、人工知能に取って代わられる職業とは 人間と機械がいい関係を築くために必要なこと
(2)松尾豊:人工知能テクノロジーの現状と可能性 “50年来のブレークスルー”ディープラーニングとは
(3)「What's AI」 (社) 人工知能学会 人工知能のやさしい説明
(4)小林敬幸:
30年後、人工知能が人類を駆逐する?AIの進化で消える仕事と残る仕事
(5)人工知能 (AI) ができる3つのこと ? 消える職業と生まれる職業 ?

2017年6月 5日 (月)

地球温暖化問題

 トランプ米大統領の6月1日パリ協定離脱表明で地球温暖化対策問題が再びクローズアップされた。アメリカファーストを叫び国際的約束を反故にして、押し通す手法は金儲け至上で、知性や理性も感じられない。極端に言えば、圧倒的な武力をもってインデアンを殺戮し、部族間で争わせ、支配地域を拡大した西部劇時代の白人を彷彿させる。

 アメリカの地下資源、特に石炭や石油は国を発展させた原動力であり、現在も政治に強い影響力をもちトランプを支える有力な勢力になっているという。温暖化の原因物質として最も量が多い炭酸ガス(二酸化炭素)はエネルギー源の石炭、石油、天然ガスが燃焼して発生する。排出量規制は石炭や石油産業の衰退を招くとして、エクソンモビールなど強大な資金力をもつ抵抗勢力が活動してきた。中でも炭酸ガス無関係説は極めて都合が良いものだ。「地球温暖化 嘘」、「global warming」に swindle、denial、mistakeなど加え検索すれば極めて多くの主張、文献や動画がヒットし、それらは一定の説得力を持っている。日本にも同様な主張する学者、例えばマスメディアで良く見掛る中部大学武田邦彦特任教授がいる。
 
 空気中の炭酸ガス分析でサンプル空気を流す筒に赤外線を当てると炭酸ガス分子が特定の波長の赤外線を吸収し、通過する赤外線量が減少する。さらに二つの検出セルに一定濃度の炭酸ガスを満たし、通過した赤外線を当てると炭酸ガスが活発に活動し、温度が上昇、体積が膨張する。セル間の圧力差や気体の流れを検出して炭酸ガス濃度を測定する仕組みである。炭酸ガスの赤外線吸収を旨く使った方法で60年以上前から用いられている。(卒論で使ったから原理は覚えている。)
 大気中の炭酸ガス濃度が増えれば、大気が吸収する赤外線量が増えて、温度上昇に繋がるのは間違いないだろう。水蒸気や雲も赤外線を吸収するし、吸収されなかった赤外線や太陽光エネルギーは地表に達し吸収され、地球が受けとめるエネルギー量は変わらないかもしれぬ。しかし、地球からの放射エネルギーも吸収して熱を留める。極めて複雑な要素が複合した現象だから、私のような素人にメカニズムを詳しく理解できる訳がない。しかし、パリ協定の基になる気候変動に関した国連政府間パネル(IPCC)が1988年に国連環境計画(UNEP)と世界気象機関(WMO)によって設立され、世界の科学者が集まり長年検討し、5次に渡る報告で温暖化の原因が人間活動である可能性を95%以上とした点を私は尊重したい。

 1955年だったが試験に「蚤が人の大きさになればどれだけ飛べるか」を出題した生物学の教授が「容器内で発酵させると、その代謝物が害になって死んでしまう。例えばアルコール発酵では幾ら糖分があってもアルコール濃度が10数%になれば、それによって酵母の活動は止まり発酵も止まる」との教えを思い出す。
 地球も巨大なフラスコのようなもので人類が繁殖して地球の地底数千mもの資源を食い尽くすまでになった。この間種々の廃棄物を放出してきた。近代技術の発展と人口爆発によって加速し、人間の関与が拡大している。大気中の炭酸ガス濃度は約100年で300ppmから400ppmにまで増加したのは、植物と海洋の炭酸ガス吸収能力を超えた証拠だ。炭酸ガスが健康に影響する濃度にはるかに及ばないにしても、日本の人口減少は増殖を阻害する社会的、物質的な諸々の毒素が大量生産・大量消費によって限界を超えたしまったのかと妄想する。

 地球にある炭素は石灰岩(主成分:CaCO3)や海、湖沼、地下などに溶存する重炭酸イオン(HCO3-)と二酸化炭素(CO2)、大気中の炭酸ガス、石炭などの無機物と、石油や天然ガス、動植物など生物を起源とする有機物として存在する。石灰岩や有機物は地球に生物が発生して以来約40億年もの盛衰と地殻変動を経て固定されたものである。それらを僅か200年程度で使い切り、炭酸ガスに替えてしまって良いはずはない。有機炭素資源を後世に長く残すべく、資源問題として視点が重要で、温暖化だけの問題ではないと思っている。

参考
(1)国連気候変動に関する政府間パネル

(2)気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書(AR5)について

(3)「政策決定者向け要約」総合報告書 文科省、経産省、気象庁、環境省による確定訳【2016年3月改訂】

(4)IPCC第5次評価報告書の概要 -統合報告書 - 2015年3月版、40ページ)

(5)地球温暖化に対する懐疑論 - Wikipedia

(6)Global Warming Petition Project

(7)地球温暖化の予測は「正しい」か? : 不確かな未来に科学が挑む / 江守正多著 化学同人, 2008.11

(8)暴走する「地球温暖化」論 : 洗脳・煽動・歪曲の数々 / 武田邦彦 他著 文藝春秋, 2007.12

(9) 『地球温暖化懐疑論批判』東京大学 IR3S/TIGS叢書

(10)地球温暖化の嘘は嘘だった? なぜ懐疑論が広まったのか?

2017年6月 2日 (金)

GPS

 GPS(Global Positioning System,全地球測位システム)は人工衛星を使って地球上の位置を測定するために米国が軍事用に開発したもので、低精度の位置情報は民使用に公開されていた。そのお陰で日本では世界に先駆けカーナビゲーションや携帯電話に利用した。現在ではスマートフォンの必須アイテムで、地図アプリによって、街で現在地や道案内に役立っている。一部のデジタルカメラにもGPS受信機能が搭載され、撮影した写真に位置情報が記録できる。

 アウトドア用に地図情報の入った携帯用GPS機は米国でいち早く商品化され、日本では輸入品が販売されてきた。私は一人で山登りにすることが多くなったとき欲しかったが、本体ばかりか地図情報もかなり高価で躊躇した。
 2012年にはGPSが搭載された小型のデジカメを購入して歩いた軌跡を記録できるようになり、同年後半にはGPS付のタブレットに国土地理院の地図をダウンロードし、現地で位置の確認と軌跡が記録できるようになった。当時、里山でも入山者が少なく山道が消えかけところもあり、進路確認に幾度となく役立った。軌跡はパソコンソフトの「山旅ロガー」で記録したが、突然とんでもない位置に飛んだり、標高も海面下になったりで、必ずしも位置精度は高くない。特に谷間や岩場ではその傾向が大きかった。
 タブレットを買い替える毎にGPS精度も少しづつ向上し、センサーを上空に向けるよう心掛け、極端な誤差は少なくなった。2014年には地図情報の付いた無料でも使えるGPSアプリの「YAMAP」に切り替え、以降便利に使わせて頂いている。登山記録は利用者で共有でき、「ヤマッパー」と称する仲間つくり、親睦のオフ会まで開催されている。投稿された記録や写真から最新の状況も確認でき優れたアプリである。タブレットは携帯性が悪いので、今年からスマホに替え使い続けている。
 
 6月1日には日本版GPS衛星「みちびき」2号機の打ち上げに成功し 来年までに4基体制で数㎝の精度で国内をカバーできるそうだ。更なる精度の向上は乗用車やバスの自動運転、重機など工事車両、あるいは農作業用トラクターなどの無人化に、あるいは障害者の安全などに役立つだろう。また、山での位置精度の向上も期待できる。一方、北朝鮮など軍事用に悪用される恐れはないのだろうか?

 警察が容疑者の追跡や捜査で、GPSを秘密裏に使ってきたようだ。自動車窃盗と覚せい剤取締法違反を合わせた事件で3月に最高裁は「GPS操作はプライバシーを侵害するため、令状が必要な強制捜査に当たり、違法と判断」を示した。容疑者の車に黙ってGPS端末を装着して行動を監視できなくなった訳だが、果たして犯罪者のどんなプライバシーが侵害されたのだろう。また、GPS利用は捜査人員や負担の軽減と確実に追跡できる手法として有効と思える。一方、GPS捜査には疑念が持たれながら、法整備もせず勝手に任意捜査として強行するのは、法に厳密に従わねばならぬ警察組織の横暴さと恐ろしさを感じざるを得ない。
 アメリカの一部の地域では再犯の恐れの強い性犯罪者など特殊な性癖者に釈放後の所在確認できるGPSシステムがあるそうだが、日本でもどんな問題点あるか十分検討したうえで導入すべきと思う。
 
 既にGPSデータを記録・発信する機器の販売やレンタルする会社が存在し、インターネット回線を通じて位置情報をリアルタイムでパソコンや携帯電話などの地図上に表示できる。浮気調査、社員動向調査、老人や子供の見守り、マラソンなどスポーツに使われるようだ。同様のシステムはバスや貨物など運送会社が独自の運行管理に使えば、効率化と安全向上に役立つだろう。サッカーなどチームプレーの選手に持たせ記録解析すれば各選手の動きの改善に役立つかも知れぬ。有用な使い方は他にもあるだろう。
 しかし、GPS利用に関する法律がどうなっているか分らぬが、技術や応用の進歩に対応し、プライバシー侵害、犯罪や犯罪捜査を含め悪用されぬため法整備をすべき点があるように思う。

2017年5月31日 (水)

妖気歌の掛軸

 我が家には不気味な題名の妖気歌なる一幅があった。本家から譲られたもので、古びて痛みが著しく、処分するつもりであったが、念の為に調べてみた。書は曾祖父にあたる庄九郎直方が明治20年(1887)に書したもので、妖気歌は頼古散人前島豊述とあり、素養のない私には皆目理解できなかった。

 前島豊頼古散人を手がかりにインターネットで調べると前島豊太郎ではないかと思われた。彼の出身地である静岡県近代史研究会で長年研究されており、同会の村瀬隆彦氏に写真を送ると、同氏を通じて豊太郎の研究者である元静岡大学教授 名城大学名誉教授 原口清先生に伝え、調べて下さった。先生の読み下しは別記の通りである。

 前島豐太郎は駿河国有渡郡古庄村(静岡市葵区古庄)の名主であり、号は頼古山人。代言人となる。撹眠社『東海暁鐘新報』を明治14年(1881)10月1日創刊した。発刊直後の8日の演説会で逮捕され、禁獄3年罰金900円の刑に処せられた。「獄中雑記」は有名。のち1887年『暁鐘新報』(中江兆民が創刊号に祝辞)、自由民権運動を行い、「各国対照私考憲法案」を作りその創刊号から連載したそうである。 
 参考:前島顕著『草莽の民権家 前島豊太郎伝』(三一書房 1987年)
     

 妖気歌は前島豊太郎の詩文を集めた『頼古文集』になく、これまでの前島研究にも触れられておらず、初見資料のようだ。また、中籠直方との交遊を示す資料は知られていないと言う。

 詩は中国の故事をとって獄中で世を憂いたものらしい。更に資料を調べると、東京成徳大学 日本伝統文化学科 鶴巻孝雄研究室のホームページに自由民権研究 前島豊太郎の「事物変遷論」の概要が掲載されており参考になった。

 祖母からその父庄九郎のことは殆ど聞かされていないが、一幅の書にするからには自由民権運動に関心を持ったのだろう。山梨でも自由民権運動があり国会開設を発議してはいる。佐野広乃、加賀美平八郎、小田切謙明、薬袋義一、依田孝、田辺有栄、小澤幸民など多くの名が挙がるが、藤村紫朗県令政治に対する批判が主だったらしく、その後、多くは実業に転じている。

 庄九郎は菩提寺の妙善寺本堂の正面に扁額を納め、四不出亭と号した九代亀井之甫の碑を建てるにあたり、墓銘を後に東京大学教授になった南摩綱紀、纂額を明治書家の第一人者である長炗、書を明治の三筆の一人と称される巖谷修に託している。山梨の片田舎者ながら、かなり広く活動していたのだろう。残念ながら三十七才の若さで没した。

 前島豐太郎の自由民権運動の演説で天子も、天子による政治も「変遷」の例外ではなく、神武天皇が腕力を以て天下を取ったとか、盗賊であった蜂須賀小六が大名となり、その子孫が華族になっているのと、天子の成立も大小が違っても同様とかが警官の調書などにあり、ありがたがる天皇観を否定するがごときを語ったらしい。

 「妖気歌」は中国南宋末期の軍人、政治家である文天祥(1236-1283)の「天地正気歌」を踏まえているそうであるが、江戸末期に水戸藩主徳川斉昭に仕え、国政にも尽力した尊王攘夷論者の藤田東湖も「天地正気歌」を基に「正気歌」を表している。弘化2年から3年間、小梅(現墨田区向島)の水戸藩下屋敷に幽閉されていた時に作られたそうだから、共通点があるようだが、内容としては正反対だ。

 この時代天皇について、かかる言動があったことに驚くが、当時は命までは奪われなかった。その後、このような言論を封ずるため不敬罪の罰則が強化され、天皇が現人神になった戦争中の昭和であれば、恐らく拘留中に命は無かっただろう。 この掛け軸で自由民権運動の一面を知ることができ、捨てなくて良かった。しかるべきところに収めたいと思っている。

12_3中籠庄九郎直方
    山梨県中巨摩郡飯野村(旧西群筋飯野郷、現南アルプス市)の名主・酒造業。
中込和泉守源道昌の孫中込民部尉近昌の後胤中込藤三郎一郷を始祖とする。12代庄九郎直方1855年生まれ1891年6月28日没、享年37歳。酒造業の傍ら書を能くする。中籠(込)家は太閤検地時(1602年)には同地に居を構えていた。1990年1月に敷地内から安土桃山時代の擬宝珠、礎石ほかが出土している。

注:本文は2011年末に書いたものをブログに載せるため再構成した。

1s_2


原口清氏が改めて精査し、同会のホームページに公開したものを転載する。(http://members2.jcom.home.ne.jp/mgrmhosw/shidankaihp.htm) なお、同会は2011年9月に解散した。はじめに頂いた読み下しと数文字異なっていた。
2011年10月例会では、原口清先生から、自由民権家前島豊太郎が獄中で作った「妖気歌」が紹介された。

 

妖気歌
乾坤妖気盈、雑然萬怪生   乾坤ノ妖気盈チ、雑然トシテ萬怪生ズ
在天為陰雨、日月蔽其明   天ニアリテハ陰雨トナリ、日月其ノ明ヲ蔽フ
在地為泥土、河海溷其清   地ニ在リテハ泥土トナリ、河海其ノ清ヲ溷(ケガ)ス
於人為讒誣、忠孝失其誠   人ニ於テハ讒誣トナリ、忠孝其ノ誠ヲ失フ
在周幽王后、在晋申生母   周ニ在リテハ幽王ノ后、晋ニ在リテハ申生ノ母
在楚劉尚舌、在漢袁盎口   楚ニ在リテハ劉尚ノ舌、漢ニ在リテハ袁盎ノ口
為呂夫人薬、為長公主酒    呂夫人ノ薬トナリ、長公主ノ酒トナル
或為属鏤剣、又為床下偶   或ハ属鏤ノ剣トナリ、又床下ノ偶トナル
不幸与是遭、如不可遁逃   不幸ニモ是ト遭ヒ、遁逃スベカラザルガ如シ
所以古達人、仰天長叫号    古ノ達人ノ天ヲ仰ギ長叫号スル所以ナリ
賈生賦鵬鳥、屈子述離騒   賈生ハ鵬鳥ヲ賦シ、屈子ハ離騒ヲ述ブ
幾千百歳下、聞者暢然慅   幾千百歳ノ下、聞者は暢然トシテ慅(さわ)グ
嗟予逢此毒、一夜下冤獄   嗟、予此毒ニ逢ヒ、一夜ニシテ冤獄ニ下ル
死生不可知、焉遑顧栄辱   死生知ルベカラズ、焉ゾ栄辱ヲ顧ミル遑アランヤ
忡々予心憂、蒼天何処告   忡々トシテ予ガ心憂フ、蒼天何処ニカ告ゲン
木柵重囲厳、無由見清旭   木柵重囲厳ニシテ、清旭ヲ見ルニ由ナシ
駑馬困麒麟、黠鼠厄熊羆   駑馬、麒麟ヲ困(クル)シメ、黠鼠、熊羆ヲ厄ス
紛々謂烏黒、何数雄与雌   紛々トシタ烏ノ黒キヲ謂フ、何ゾ雄ト雌ヲ数ヘンヤ
清神不可欺、豈敢巧遁辞   清神欺クベカラズ、豈敢テ遁辞ヲ巧マンヤ
春秋四十七、文祥斎其期   春秋四十七、文祥ト其期ヲ斉(ヒトシ)フス
獄中展書読、賢哲今陥斯   獄中書ヲ展(ヒラ)ヒテ読メバ、賢哲今斯ニ陥ル

右頼古山人前島豊述、
明治丁亥夏長峰山人中籠直方書


 

 天地正気歌  文天祥  
天地有正氣、雜然賦流形 太史簡天地正気有リ,雜然トシテ流形ニ賦ス。
下則爲河嶽、上則爲日星 下レバ則チ河嶽ト為リ,上レバ則チ日星ト為ル。
於人曰浩然、沛乎塞蒼冥 人ニ於テハ浩然ト曰ヒ,沛乎トシテ蒼冥ニ塞ツ。
皇路當淸夷、含和吐明庭 皇路淸夷ニ当レバ,和ヲ含ミ明庭ニ吐ク。
時窮節乃見、一一垂丹靑 窮ラバ節乃チ見(あらわ)レ,一々丹青ニ垂ル。
在齊太史簡、在晉董狐筆 齊ニ在リテハ太史ノ簡,晉ニ在リテハ董狐ノ筆。
在秦張良椎、在漢蘇武節 秦ニ在リテハ張良ノ椎,漢ニ在リテハ蘇武ノ節。
爲嚴將軍頭、爲嵆侍中血 嚴将軍ノ頭ト為リ,嵆侍中ノ血ト為ル。
爲張睢陽齒、爲顏常山舌 張睢陽ノ齒ト為リ,顔常山ノ舌ト為ル。
或爲遼東帽、淸操厲冰雪 或ハ遼東ノ帽ト為リ,淸操ハ冰雪ヨリモ厲シ。
或爲出師表、鬼神泣壯烈 或ハ出師ノ表ト為リ,鬼神壯烈タルニ泣ク。
或爲渡江楫、慷慨呑胡羯 或ハ渡江ノ楫ト為リ,慷慨胡羯ヲ呑ム。
或爲撃賊笏、逆豎頭破裂 或ハ賊ヲ撃ツ笏ト為リ,逆豎頭ハ破裂ス。
是氣所磅礴、凜烈萬古存 是レ氣ノ磅礴タル所,凜烈トシテ万古ニ存ス。
當其貫日月、生死安足論 其ノ日月ヲ貫クニ當リテハ,生死安ンゾ論ズルニ足ラン。
地維賴以立、天柱賴以尊  地維頼リテ以テ立チ,天柱頼リテ以テ尊ブ。
三綱實繋命、道義爲之根 三綱実ニ命ヲ繋ギ,道義之(こ)ノ根ト為ル。
嗟予遘陽九、隸也實不力 嗟、予陽九ニ遘ヒ,隸(われ)ナル也(や)実ニ力メズ。
楚囚纓其冠、傳車送窮北 楚囚其ノ冠ヲ纓(むす)ビ,伝車ニテ窮北ニ送ラル。
鼎鑊甘如飴、求之不可得 鼎鑊甘キコト飴ノ如ク,之ヲ求ムレド得可カラズ。
陰房闃鬼火、春院閟天黑 陰房闃(しずか)ニシテ鬼火アリテ春院閟(とざ)シテ天黑(くら)シ
牛驥同一皂、鷄棲鳳凰食 牛驥同(とも)ニ一ツノ皂(をけ),鷄棲ニ鳳凰食ス。
一朝蒙霧露、分作溝中瘠 一朝霧露ヲ蒙ムラバ、溝中ノ瘠(むくろ)ヲ作ルヲ分ツ。
如此再寒暑、百沴自闢易 此ノ如ク再ビノ寒暑,百沴自ラ闢(さ)ケ易シ。
哀哉沮洳場、爲我安樂國 哀シイ哉沮洳ノ場 ハ,我安樂ノ国ナリ。
豈有他繆巧、陰陽不能賊 豈ニ他ノ繆巧ノ有リテモ,陰陽賊(そこな)フ能ハズ。
顧此耿耿在、仰視浮雲白 此ノ耿耿タルノ在ルヲ顧ミテ浮雲ノ白キヲ仰ギ視ル。
悠悠我心悲、蒼天曷有極 悠悠タル我ガ心ノ悲ミ,蒼天曷ゾ極リ有ラン。


藤田東湖「正気歌」

天地正大気、粋然鍾神州。秀為不二嶽、巍々聳千秋。
注為大瀛水、洋々環八洲。発為万朶桜、衆芳難与儔。
凝為百錬鉄、鋭利可断●。藎臣皆熊羆、武夫尽好仇。 
     ●は「霧」の下側+「金」。
神州執君臨、万古仰天皇。皇風洽六合、明徳侔太陽。
不世無汚隆、正気時放光。乃参大連議、侃々排瞿曇。
乃助明主断、焔々焚伽藍。中郎嘗用之、宗社磐石安。
清丸嘗用之、妖僧肝胆寒。忽揮龍口剣、虜使頭足分。
忽起西海颶、怒涛殱胡氛。志賀月明夜、陽為鳳輦巡。
芳野戦酣日、又代帝子屯。或投鎌倉窟、憂憤正愪々。
或伴桜井駅、遺訓何慇懃。或狥天目山、幽囚不忘君。
或守伏見城、一身当万軍。承平二百歳、斯気常獲伸。
然方其欝屈、生四十七人。乃知人雖亡、英霊未嘗泯。
長在天地間、隠然叙彜倫。孰能扶持之、卓立東海浜。
忠誠尊皇室、孝敬事天神。修文与奮武、誓欲清胡塵。
一朝天歩艱、邦君身先淪。頑鈍不知機、罪戻及孤臣。
孤臣困葛●、君冤向誰陳。孤子遠墳墓、何以謝先親。
      ●はクサカンムリ+畾
荏苒二周星、唯有斯気随。嗟予雖万死、豈忍与汝離。
屈伸付天地、生死復奚疑。生当雪君冤、復見張綱維。
死為忠義鬼、極天護皇基。
(最初の部分)
天地正大の気、粋然神州に鍾(あつま)る。秀でては不二の嶽となり、巍々千秋に聳ゆ。
注いでは大瀛の水となり、洋々八洲を環る。発いては万朶の桜となり、衆芳与に儔し難し。
(最後の部分)
荏苒二周星、唯斯の気の随ふあり。嗟、予万死すと雖も、豈汝と離るるに忍びんや。
屈伸天地に付す、生死復奚ぞ疑はん。生きては常に君冤を雪ぐべく、復見ん綱維を張るを。死しては忠義の鬼と為り、極天皇基を護らん。

2017年5月20日 (土)

環水平アーク (逆さ虹に似ている)

 5月12日草津白根山の清水沢の雪渓を登っていた時、ふと振り返ると虹のような円弧に気づいた。鮮やかで美しい光景に感動し、そこに留まりしばし見続けた。

170512_022_3170512_023_3

 円弧は虹とは逆に皿を置いたように下に窪んでいる。低い位置の飛行機雲が交差していたが、速い風に流され消えていった。そのときは彩雲の一種だろうと思っていたが、帰って調べると虹や彩雲とも全く違う現象らしい。同日には長野市でも見れ、13日に毎日新聞が『環水平アーク 長野市で珍しい「逆さ虹」』と写真付きで載っていた。
 検索してU氏の「空の輝き」で太陽に関わる現象(気象光学現象)を解説したサイトを知り、メールでお尋ねすると丁寧なお返事を頂いた。環水平アーク(circumhorizon arc、circumhorizontal arc)の可能性が高く、下部ラテラルアークも否定できぬそうです。逆さ虹は分かりやすい表現だが、学術用語として定義されていないから使って悪いわけでないが、別の環天頂アークを言うそうです。虹の赤~紫の位置まで逆さだからかも知れません。

 アークと聞くとアーク放電やアーク溶接のように二つの電極間の放電によってつくられる光の円弧、電弧は知っていたが、単なる円弧は直ぐに思いつかなった。なお、アーク(ark)には箱、大箱などを意味し、「ノアの箱舟、Noah's Ark」もあるようだ。
 このようなアークの付く気象現象は環天頂アーク、ラテラルアーク、タンジェントアーク、パリーアークなど幾つもあり、環水平アークと聞いても水平=直線の先入観からアーク(円弧)と結びつかなかった。地平線や水平線に平行という意味と教えて頂き、環が水平にあり、その円弧の一部を下から見れば円弧になると考え分かった気がした。残念ながら私の頭脳ではメカニズムの正確な理解と説明は難しい。虹は水滴だが、これらは高空で水が6角の板や柱状の氷の結晶になったもので、改めて「空の輝き」を見て複雑さに驚かされ、多くの現象を解明したものと感心させられた。元技術屋の常、「きれい」より、なぜ、どうしてに走ってしまった。 

 普段見られぬ気象現象が起こると、中国四川大地震でも数日前に目撃されたとして大地震の予兆と結びつけ騒がれるが、今の所大地震は起きていない。地殻変動と関係する現象とも思えぬから、傘寿にして3日間で4座目の山登りのご褒美として感謝したい。

参考:

毎日新聞:環水平アーク 長野市で珍しい「逆さ虹」
ピカリニュース:長野市などで逆さ虹・環水平アークが観測される 5/12
空の輝き
 

2017年5月 7日 (日)

禁煙について (2)

 厚労省は健康増進法改正して屋内全面禁煙を進めようとしているが、葉巻を手放さない麻生大臣、茂木政調会長、石破前大臣、「たばこ議連」野田毅会長など自民党衆参議員の過半数280人の抵抗勢力のために法案提出すらおぼつかぬ状況だそうだ。
 IOCとWHOは「たばこのない五輪」の推進で合意し、2010年のバンクーバー以降の開催地は何れも罰則付き規制で飲食店建物内完全禁煙にした。東京はほど遠く、煙で"おもてなし"するらしい。観光立国と言いながら良い訳がない。厚労省あるいはメディアは外国からの旅行者にアンケートして、現状が如何に受け止められているか調べればよい。

 毎日新聞5月1日の「受動喫煙対策 大臣室=喫煙室? 23カ所中10カ所で可 人事院指針に逆行、政務三役は特別扱い」、の記事には、『安倍内閣の閣僚20人の執務室は、首相官邸を含む14の建物に23カ所ある。人事院の指針は可能な限り庁舎内の全面禁煙を求めているが、 各省庁に聞くと内閣府内の6担当相(7室)、財務相、経済産業相、国家公安委員長の執務室は、喫煙可か禁煙かを大臣が判断できるとの回答。副大臣、政務官の執務室も同様の扱いだった。実際に大臣が室内でたばこを吸っているか何れも明らかにしなかった。それ以外の省庁の大臣執務室は他の部屋と同様に禁煙としていた。』とある。職員に禁煙を求めながら、率先垂範どころか己は除外、真に勝手なものだ。立場は大違いだが30年前に工場内で部分禁煙しかできなかった我が身を思い返した。

 麻生大臣の発言にシガーバーがあった。知らべると、1995年ニューヨークで厳しい禁煙条例が施行された機会にシガーバーがオープンしたそうで意外にも歴史は浅い。葉巻は富の象徴、上流階級のステイタスだそうで、それを誇りたい者には格別の空間が欲しかったのだろう。葉巻は匂いが強く人の集まる所では吸わないとされていたようで、私も過去にシガーが気になったのはごく稀だった。
 禁煙が広がると共にシガーバーは世界に拡散し、葉巻や葉巻器具の販売、酒や食事の提供の有無は国や地域で違う。日本でもいち早く1996年に始まったそうだ。NY、パリ、ロンドンなどでも厳しい規制にもかかわらずシガーバーは現存する。規制前にあった店は存続を許されたらしい。細かく見ると国によって規制内容が違うようだ。

 次に、喫煙者が減って肺がんが増えてとしてタバコの影響を疑問視する麻生大臣であるが、喫煙期間と発がんの時差を考慮すれば間違いだと国立がん研究センターが発表している。識者にも否定者がおり、統計を都合良く読んだり、他の原因もあると指摘するが、水俣病で有機アミン説を発表しチッソを庇った当時の東工大教授と同じで、すり替えに等しい。更に臭い煙を嫌う者の存在は棚上げだ。

 たばこ葉の生産者、JT、たばこ小売業など禁煙が進めば売上が減り、税収も減るから財務省も阻止にまわるだろうが、健康にも悪影響を及ぼし、嫌煙者の増加を無視し続け良い訳がない。特に飲食業の反対が強いようだが、外国では規制しても飲食店の来客が減っていないのに、なぜ日本だけ出来ぬのだろうか。分煙の店でも仕切がなく、簾で仕切った個室では意味がない。従業員は受動喫煙を強いられる。特例で小規模店の規制を緩め、シガーバーを許すせば飲食付でシガレットだけのシガーバーできるだろう。
 業種は時代と共に盛衰は避けれぬ。圧力団体の票や献金に屈し、衰退すべきを延命を図る議員達に失望する。「たばこ議連」は会合で全員に喫煙させ濛々と煙る中で気勢を挙げては如何だろう!ぜひ、TVで視たいものだ。

  
  

参考 

喫煙と肺がん「そんな関係あんの?」愛煙家・麻生氏発言 (2017/2/22)

喫煙と肺がんリスク 日本の疫学研究に基づく関連性の評価 (国立がん研究センター予防研究グループ)

Factotum「喫煙率は下がっているのに肺がん死亡率が上がっている不思議」(2015/9/18)

たばこと肺がんの因果関係「男性の6割近くが無関係」と識者  (2012/10/18)

シガーバーってどんなバー?

シガーバーを知っていますか

2017年5月 3日 (水)

禁煙について (1)

 昭和30年代に男子は高校卒業すると一斉にタバコを吸い始め、大学で未成年者はタバコを吸うなと言われた覚えはない。私も友人に勧められ、初心者用の薄荷入りを一箱買ってチャレンジしたが、馴染めず以来、嫌煙家として過ごしてきた。しかし、あらゆる所で喫煙が許され、タバコの煙が漂った。社会人になって出張が多く、新幹線が開通すると頻繁に利用した。殆どが5号車までの自由席に並んでの乗車で、座ると一斉にタバコを吸い始め煙が濛々と立ち込めた。衣服に臭いが染み込み数日は鼻につくほどだった。一番の苦痛だったが、禁煙車が設けられたのは救いだった。禁煙車には並ぶ人が多く1~2本遅らせた事も度々だった。
 
 会社の事務室や会議室など何処にも灰皿が置かれ、時間に無関係に喫煙する者が多かった。灰皿の始末は女子社員の仕事だった。1986年に我々の部門は新工場を建設して移転した。その機会に事務室内での喫煙を禁止し、給茶機を設置して茶の給仕も止めた。喫煙者は既に1/3以下になっていたので、多くの社員からは喜ばれた。ヘビースモーカの役員には逆らえず役員室、会議室、食堂と現場休憩室は出来なかった。最も印象的だったのは喫煙場所付近を通ると、必ずヘビースモーカー2人のどちらかが居た。「貴方はいつ仕事をしているのか?」が喉まで来ていたが、禁止した手前おしとどめた。残念ながら、その一人は早死にしてしまった。
 
 話は飛んで、齢も男子平均寿命付近になったが、集まりやすい従兄妹で飲み会を毎月続けている。悩みの一つは禁煙の店、なかでも居酒屋が殆ど無いことだ。皆に交通の便が良く、タバコの煙のこない個室がある店を探し当て、利用し続けた。ある時、予約したのに別の予約があると拒まれ、テーブル席に案内された。続いて入ってきた4人の客がタバコを切らさない。止めろとは言えず我慢したが、個室は帰るまで空いたままだった。帰るとき店員にクレームつけたが全く無反応、店長も謝りにも来ない。店のサイトに書込みしたが返事なし、それ以後は使っていない。メニューが多く、旨く、リーズナブルな値段であっても、タバコ臭い店は嫌煙者には縁がない。飲食店で大小に関わらず屋内全面禁煙を一日も早く実施して欲しいと願っている。

«福島高校生の福島第一原発見学記